営業代行によるテレマーケティングの利点について

テレマーケティングは、営業代行の中でも、営業代行会社と依頼会社の双方にとって最もリスクが低く、比較的利用しやすいサービスです。テレマーケティングにはインバウンドとアウトバウンドがありますが、ここで言うテレマーケティングにおいては、インバウンドは広告などの反響営業による問い合わせ対応からのプッシュセールス、アウトバウンドでは、アポイントの獲得から試供品サンプル請求などの顧客へのプッシュセールスなどを指します。営業代行ならリスクマネジメントの軽減が可能です。テレマーケティングが双方にとってリスクが低くなる最も大きな要因は、テレマーケティングという業務そのものが通常の営業代行と比較して圧倒的に属人性を排除できるからです。属人的に実行する業務は、関わる人や組織によって成果の度合いが大きく異なりますが、属人性を排除することによって、誰がやっても一律の成果を出すことが可能です。